住宅ローンの借換手続き

はじめに

自宅を購入する際、住宅ローンを組んで購入する方は非常に多いと思います。

住宅ローンを組んだ後は、毎月一定額を金融機関に返済していくことになるのですが、金融情勢の変化に伴い、住宅ローン金利が大きく変動することがあります。

長期的に考えた場合に、月々の支払額が減らせる、最終的な支払い額が減らせるということになれば、別の金融機関から再度融資を受け、今までの金融機関からの融資を全額返済して、金融機関を乗り換える。

これを「住宅ローンの借換」と言います。

この借換手続きをする際には、従来借りていた金融機関名義で登記されている抵当権を抹消し、新しく融資を受ける金融機関からの抵当権を再度設定する手続きが必要となります。

ここでは弊所にご相談をいただくに当たり、登記費用や必要書類についてご説明させていただきます。

ご相談をいただく前にご準備していただきたいもの

ご相談のご連絡をいただく前に、下記の書類がお手元にあるとスムーズにご相談をお受けすることが出来ます。

下記書類がお手元にない場合でもご相談は可能です。

・不動産の権利証

費用

手続内容司法書士報酬実費等
抵当権設定費用4万円~

(手続き内容や申請件数等によって変動致します)

固定資産評価額×1000分の4
抵当権抹消費用10000円~

(手続き内容や申請件数等によって変動致します)

土地又は建物1筆×1000円
所有権登記名義人住所変更費用

(購入時の住所と現在の住所が異なっている場合のみ)

10000円~

(手続き内容や申請件数等によって変動致します)

土地又は建物1筆×1000円
事前謄本1筆:500円1筆:335円
完了後謄本1筆:500円1筆:480円
郵送・交通費3000円程度

(立会場所、郵送先の数によって異なります)

必要書類

1 当該不動産の権利証(登記識別情報通知)

2 所有者の印鑑証明書

3 住民票又は戸籍の附票

※住所変更登記が必要な場合のみ

4 所有者のご実印

※その他必要になる書類についてはご相談をいただいた際に詳しくご説明させていただきます。

登記手続きの手順

1 (お客様)

弊所への住宅ローン借換手続きの申し込み(インターネットを見たとお伝えいただくとスムーズです)

2 (弊所)

弊所から金融機関へ連絡の後、手続き内容の確認。お客様へのお見積り、必要書類のご案内。

(住宅ローンの融資実行日に直接お会いできない場合には、融資実行日までに立会をさせていただき、必要書類

にご署名とご捺印をいただきます)

3 融資実行日

お客様と立会をさせていただき、登記申請。

4 登記申請から2週間~1カ月

登記完了書類のお客様への返却。

 

お気軽にお問合せください。


弊所では、ホームページからお申込みいただいた方限定で、お得なパックプランをご用意しております。

各パックプランの詳細をご覧頂き、ご依頼・ご相談をご希望される方は、お気軽にお電話もしくはお問合せフォームよりお問合せください。※お問い合わせの際には、「HPでパックプランを見た」とお伝えください。

ホームページ限定パックプラン!

 
 
不動産登記・商業登記・相続相談、全てお任せください!西東京市・新座市・東久留米市・練馬区・清瀬市・小平市・東村山市・武蔵野市・三鷹市だけでなく、日本全国対応可能です!

関連記事

  1. よくある質問 生前の遺産分割協議や相続放棄はできますか?

  2. 故人の預金を口座凍結前に引き出してもいいの?注意点や手続き方法を解説します!

  3. 遺言書がただの紙に・・遺言書作成時に気を付けたい4つのこと+α

  4. 不動産贈与

    生前贈与手続き

  5. 住宅ローン完済

    住宅ローン完済による抵当権抹消手続き

  6. 遺産分割協議のいざこざに巻き込まれてしまった〜相続分の譲渡という選択〜